内定通知書は確認しよう

こんにちは。転職の家庭教師 キャリアコンサルタントの丸井沙紀です。

転職活動も終盤。最終面接を終え晴れて合格の連絡♪
「〇〇さん合格です。いつから入社いただけますか?」

やった!あの会社に受かるなんて!早く今の会社に辞めるって言わなきゃ!

ちょっとまって!
内定通知書はもらいましたか?中身をしっかり確認しましたか?

内定が決まった際に必ずもらって欲しい通知書と、そのチェックポイントを、沢山見てきた事例を交えてお伝えしたいと思います。

・内定通知書ってなに?
・もらう必要あるの?
・確認すべきポイント
・疑問な点が出たら
・過去にあったマズイ事例
・安心して入社しましょう

内定通知書ってなに?

そもそも内定通知書ってどのようなものかのご説明から。

企業によって「内定通知書」「採用通知書」「雇用契約書」などと名称は様々です。
フォーマットや内容も企業によって異なりますが、内定をしたという旨と、労働契約期間や年収・月給などの労働条件が書かれています。他にも公休や有給、賞与や昇給など細かい規定が書かれている場合もあります。

要は証拠だと思ってください。

 

もらう必要あるの?

必ずもらってください。
例えば、「内定」「合格」という通知が電話など口頭のみの場合、口約束にすぎず、なんの証拠もありません。
そこで他に進んでいる選考を断り、現職に退職の旨を伝えた後に「やはり内定は取り消しで」「内定を出した憶えはない」と言われてしまったら・・・恐ろしくないですか?

年収や月給など賃金記載も必ずもらいましょう。

例えば、求人広告には「年収300万~500万円」と記載されていた。あなたの現在の年収は400万円。今の年収を下回る転職は避けたい。
面接など口頭で「450万円はお出ししましょう」
そして内定の連絡がきた。あなたは現職に退職の意思を伝え、新しい会社への入社準備に入ります。
そこでもし「え?年収は300万円からのスタートですよ?求人広告にもそう書いてありますよね?」と言われたらどうしますか?言った言わないの話になります。
400万円以上の年収じゃないと生活できない、そもそも年収UPが目的の転職だったのに100万も下がった!辞退して他を探すにしても、現職はもう辞めると伝え数週間後には無職に!
という恐ろしい辞退になります。

先方から通知書をくれる気配がなければお願いしてみましょう。
内定通知書を出さない=怪しい会社ではないと個人的には思います。
小さな会社など、会社によっては今まで出したことがない、出すという事を知らない、もう内定は決めているし、来てほしいと思っているし、面接で話したことに嘘偽りがないからなんの問題もない!
と悪気なく本気思っている会社もあります。(私自身が受けた会社や面接代行でかかわった会社で多々見てきました。皆気のいい社長の会社です)

それでもお願いしてください。
「信じてはいるが、年収記載の内定通知書がないと、安心して現職に退職の旨を伝える事はできない」と説明すれば、多くの会社は「それはすですよね」と言って慌てて作成してくれます。
言いにくいようでしたら「知り合いのキャリアコンサルタントが必ずもらった方がいいと言っていたので」と言ってもいいでしょう。

私が転職の家庭教師としてサポートしているお客様には、必ず通知書をもらうよう伝え、差支えなければお見せ頂きおかしな点がないかを一緒に確認するようにしています。

 

確認すべきポイント

企業によって書いてある項目は異なりますが、以下の点が記してあるか、問題ないかをチェックしましょう。

・賃金
年収・月給・基本給や各種手当・賞与など内訳も確認しましょう。

・労働契約期間
正社員の場合でも必ず確認してください。「期間の定め無し」と書いてあれば問題ないです。正社員の場合にも落とし穴があります。次の項目で紹介いたします。
そもそも正社員とか契約社員というのは法律用語ではありません。
有期雇用(期間の定めがある)か無期雇用(期間の定め無し)であるかという事です。

・試用期間がある場合の条件

上記3点は最低でも確認しましょう。
その他にも一通り目を通して気になる点があればチェックしましょう。
また、同時期に2社以上内定をもらえた場合も、両社の通知書をもらい、比較検討すると良いです。

 

疑問な点が出たら

電話またはメールでの質問、できればオファー面談をお願いしてみましょう。
オファー面談とは内定後、労働条件と入社意思のすり合わせを行う、企業と内定者との面談です。 内定通知書にある項目にある以外の事でも、疑問な点があれば質問をして、安心して入社できるようにしましょう。
逆に質問への回答やオファー面談を断るような会社は、社員に対して誠意が感じられないように思います。辞退も含めて総合的に判断する材料となります。
また、賃金などの記載がない場合、後で言った言わないになるような事は口頭ではなく、電話質問やオファー面談で説明を受けても、書面で出してもらった方が安心です。


過去にあったマズイ事例

今まで多くのお客様の内定通知書の確認をさせて頂きました。ほとんどは問題なく安心して入社頂けるものでしたが、
過去にいくつかこれはマズイでしょう!という事例があったので紹介します。

正社員での採用のはずが労働契約期間」 今までマズイとなった例はほぼ全てこれでした。

(事例1)
求人広告では正社員となっており、面接もそのつもりで進んできた。通知書をよく見ると「期間の定めあり:〇年〇月〇日~〇年〇月〇日」と書いてありました。ご本人も気がついておらず、
私が気づき、すぐにオファー面談の場で質問するようアドバイス。
「正社員ではあるし、更新するつもりだけど社内の規定で念のため1年ごとの期間を設けているんです」というわけのわからない説明でした。
法的呼び方ではないにしろ、それは正社員ではなくいわゆる契約社員です。1年後に「会社の業績が落ちたので契約更新はできません」と言われればそれまでです。
その方は40代なので、1年~数年後に何かしらの事情で更新されず次の転職活動をするようような事態は避けたいため、辞退をする事となりました。

(事例2)
求人広告では正社員となっており、面接もそのつもりで進んできました。通知書をよく見ると「試用期間中は契約社員とする」「期間の定めあり:〇年〇月〇日~〇年〇月〇日」と書いてありました。
試用期間終了後の条件はどこにも記載がなく、無期雇用の採用であるまたは前提とした採用である旨がどこにも記載されていませんでした。
心配になり、オファー面談で質問をした所、代表がキレたそうです。無期雇用を書類に記すつもりはないとの事。

本来、無期雇用(正社員)として採用の場合に試用期間中でも契約社員とする事は色々と問題に発展する事が多い(法律にも抵触する場合があります)事と、
あまり意味をなさない為、会社側が避けるべきやり方です。
100歩譲って無期雇用(正社員)としての通知書があり、但し試用期間中(3カ月)は契約社員とするなどと記されていればまだしも(これも本来は法律にも抵触する場合があります)、
正社員で応募したはずが契約社員での採用だったという事実しか残らない状態です。

実は、契約社員での採用という意味では間違ってはいない書類です。
あくまで「契約社員として採用しますよ。頑張り次第で正社員登用の可能性があり、その時は別途契約書を交わします。しかし必ず正社員を約束はしていません」という事になります。
問題は求人情報にははっきりと正社員と書いてあり、本人も正社員のつもりで応募している事が問題です。募集時の労働条件の明示(職業安定法5条の3)に抵触する恐れがあり、求人を出している会社にも報告した方がいい事例です。

この方も、今まで長く正社員で働いており、今後も正社員として長く働きたい、最後の転職として考えていた為、辞退する事としました。
そもそも、大切な契約に関する質問をした時にキレ出す社長の会社では、入社後も様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。

以上、私が今迄目の当たりにした、マズイ事例でした。
いずれもやっと手にした内定!やっと長い転職活動が終わった!本当は辞退なんか避けたい。
でも入社後にトラブルになり、すぐに辞めなければいけない事になると、短期で辞めた後は更に転職活動が難しくなります
入社前に・・・現職に退職の意思を伝える前に気が付いてよかったといえる事例です。

 

安心して入社しましょう

内定通知書をもらい、しっかりと確認する事がいかに大切かという事はご理解頂けたでしょうか?
ほとんどの会社は問題なく、法律にも則った通知をし、入社に進めます。しなしながら、中には事例のような悪質な会社やよくわからない会社が存在する事も事実です。
証拠が残らず、現職に退社の旨を伝え、言われた通りにサインをしてしまうと、後で取返しがつかない事になってしまいます。

転職活動は採用する側が偉く「選んでやっている」、求職者側は「選ばれたい、選んでいただく」という上下関係になりがちです。
しかしながら、求職者側も会社を選ぶ権利があります。また、契約期間や賃金などはあなたの労働とスキルと時間に対する大切な対価であり、契約ごとです。

また事例にも挙げたように、質問をしたり、オファー面談をお願いしたりした時に、企業の態度や本音がわかります。
事例は悪い事例ですが、疑問な点や心配な事に丁寧に答えてくれたり、職場見学をさせてくれたりと、不安を取り除いてくれようとする会社も多くあります

一生に何度かしかない大切な場面。そして、転職後の方が人生長いです。

自分自身を守る為にも、安心して新しい会社で業務に集中して活躍する為にも、確認はしっかりとしましょう。

 

 

転職の家庭教師では、お試しキャリア相談を随時受け付ております。
自己分析や転職活動は勿論、内定通知書の確認までをサポートします。
お気軽にご相談ください。

——-
「やりたい仕事」でなりたい「自分」

4,000人以上の相談実績
転職の家庭教師 キャリアコンサルタント
丸井 沙紀

2級キャリアコンサルティング技能士(国家検定)
キャリアコンサルタント(国家資格)
米国CCE,lnc.認定 GCDF-Japan キャリアカウンセラー
銀座コーチングスクールGCS認定プロフェッショナルコーチ
キャリアトランプ®メンタリング資格
マインドマップ プラクティショナー

関連記事

  1. 「夫が楽しそうに働いています」という奥様からのご感想

  2. 【採用報告】Hさん 憧れの外資系財務部へ!

  3. 【内定報告】プロの方に相談して本当によかった!!